バッサの正しい使い方について説明します!

バッサの使い方

バッサ(WASSER)は、1本で5つの役割をする化粧品ですが、せっかく使うなら正しい使い方をして早く効果を出したいですよね。

 

そこで今回は、バッサ(WASSER)の正しい使い方を調べてみることにしました。

 

これからバッサ(WASSER)の化粧品を使って肌のケアを行おうと考えている方は是非参考にしてください。

 

バッサ(WASSER)の正しい使い方って?

バッサ(WASSER)の使い方は2通りあります。

バッサ(WASSER)は毎日ケアをする使い方

夜の洗顔後に使用するようにしてください。

 

ステップ1手のひらにジェル美容液を取ります。

 

500円玉程度の量を取ります。

 

ステップ2ジェル美容液を顔全体になじませるようにつけます。

 

ステップ3もし肌の乾燥が気になる場合はその場所にジェル美容液を重ねつけするようにしてください。

週1回バッサ(WASSER)を使ってお手入れする使い方

美容液の力で古い角質を優しく取り除きくすみのない透明美肌に!

 

ステップ1顔全体にバッサ(WASSER)をのせるようにつけます。

 

1?2分後顔の中から外側に向かってらせん状に優しくマッサージします。

 

ステップ2古い角質を含む成分がポロポロと浮いてきたら水かぬるま湯で顔全体を軽く洗い流します。

 

ステップ3再び500円玉程度のジェル美容液を手に取り顔全体にのせるようにつけます。

 

この2つの使い方をすることでバッサ(WASSER)を使って綺麗なくすみのない美肌を手に入れることができるのです。

 

バッサ(WASSER)は、1本で化粧水、美容液、乳液、クリーム、角質ケアの5つの役割を果たすので、時短ケアにもあるし、無添加なので肌に負担をかけることなく綺麗な肌を手に入れることができます。

 

だから忙しい方でも毎日しっかりケアを続けることができます。

まとめ

バッサ(WASSER)の正しい使い方はどのように行えばいいかというと2種類のケアの仕方があります。

 

使い方は毎日夜の洗顔後にケアする使い方と週1回顔の古くなった角質を落とす使い方です。

 

毎日バッサ(WASSER)を使ってケアをする使い方は、夜の洗顔後に500円玉ほどの美容液を手に取り、顔全体にのせるようにつけます。

 

そしてもし肌の乾燥が気になる方は、またその上に重ね付けをして肌のケアを行います。

 

週1回のバッサ(WASSER)を使った角質を取るケアの使い方は、顔全体に美容液ジェルをのせるようにします。

 

1?2分後に優しくらせん状にマッサージを行います。

 

そして古い角質がポロポロと落ち出したら水かぬるま湯を使って軽く洗い流します。

 

その後再度500円玉ほどの美容液ジェルを手にとって顔全体にのせるようにつけてケアは終了です。

 

ポイント全てにおいて優しく行うことです。

 

ゴシゴシと力強く顔のケアをしてしまうとその摩擦によって肌を傷めてしまい、別のトラブルが発生してしまう危険があるためどのケアも優しくお手入れをするようにしましょう。

 

そしてくすみのない綺麗な美肌を手に入れましょう。

 

>>バッサ(WASSER)の最安値はコチラ